スペイン旅行記 2017 ② ~1日目:ドーハ~マドリード編~

スペイン旅行記②ドーハ〜マドリード編

スポンサードリンク



『スペイン旅行記2017』は全14話+まとめ記事という構成になっています。

・前回の記事はこちら
スペイン旅行記 2017 ① ~準備編~

・旅行の概要、全記事へのリンクはこちら
スペイン旅行記2017【総集編】/実際のルート・費用・服装など公開!

〜前回までのあらすじ〜

友人Sくんに誘われ、3週間前にスペイン旅行を決意!!!

慌てて情報収集、荷物、お金の準備を進めるも、ホリデーシーズンということでクリスマス付近は多くの施設が休業ということが判明!

さらには、高速鉄道Renfeや観光施設の事前予約をしておいた方がよさそうで、観光スケジュール組みに一苦労!

前日まで準備に追われてバタバタしていましたが、果たして無事に楽しんでこれるのでしょうか!?

いよいよ出発です!!!

 

スポンサードリンク

羽田から出発~乗り継ぎのドーハまでのフライト

出発は羽田空港からです。
成田まで行くより近いので、時間的にも金銭的にも助かりますね。

往路のフライトスケジュールはこんな感じです。

・羽田 23:50 → ドーハ 6:05 (12h15m)

↓ 乗継 (9h10m

・ドーハ 15:15 → マドリード 21:05 (7h05m)

 

乗継時間、長くね?

それに、今までの経験では、フライト時間も最長でマレーシアへの7時間でしたので、僕にとって12時間のフライトは未知の世界。そんなに長時間、せまいせまいエコノミー席で耐えられるか、そりゃもう不安でたまりませんでした。

そんな不安な気持ちを抱え、池袋から空港バスを利用し、20:30位に羽田空港へ。

空港に行くときはいつもバスを利用します。
大きな荷物で乗り換えは大変だし、乗っちゃえば寝てても着くのでらくちん。

 

空港には少し早めに到着したので、まだチェックイン時間前。
少し待ってからカタール航空のカウンターへ。

長時間フライトが不安だった僕は、グランドスタッフのお姉さんに、

カワジュン
通路側でお願いします!
あと、できるだけ隣に人が来なそうな席でお願いします!!!

と頼むと、

グランドスタッフ
かしこまりました。
では前側エリアが込み合っているので、後ろの方のお席でご用意しますね。
乗継の2本目もそのようにしておきます。

と優しく対応してくれました。

とはいえ、あとからチェックインする人もいるので、埋まる可能性があります。

隣の席が空いたままだといいなぁと思いながら、羽田空港内のモスカフェで軽くごはんを食べたりし、時間まで過ごしました。

搭乗の少し前に、コンタクトを外して洗顔&歯磨きを済ませ、スッキリしてから搭乗。

 

早めに搭乗したので機内はまだ空いています。

僕の席は中央のブロック3人掛けの通路側。

隣に誰も来るなよーーー!!!

 

 

 

 

・・・来ました(T_T)

 

しかもカップル。。。

 

そのカップルも小声で、「隣、人いるわー」とかつぶやいてます。
前後の席の真ん中はそれぞれ空いているのに、なぜこの列だけ…。

でも、せめて自分の前の席は空いてそうだから、座席倒されたりしなくてまだマシ……

 

 

 

 

 

・・・あ、前も来た(T_T)

 

締め切り間際に駆け込んできました…。

ぐぬぬ、グランドスタッフのお姉さん。。。

 

仕方なく、タブレットにAmazonプライムで映画やらドラマをしこたまダウンロードしてきたので、それで映画を観ながら眠くなるのを待つか、と思っていると…

 

前の方が座席をMAXまで倒してきました(T_T)

しかも、寝るわけでもなく、すごい角度で映画観てる。。。

 

カワジュン
(・・・それ見づらくないんですか!?)

 

そこまで倒されると、テーブルの上にタブレットを置いていても、テーブルが手前にきすぎて距離が近すぎるのと、角度が悪くなりすぎるのとで、まともに観られないんですよ。。。

 

でも、小心者の僕は前の人に直接言えません
だって、席倒すことが禁じられているわけじゃないし。

でも、さすがにまだみんな起きてる時間だし、僕も眠くない。映画観たい。

 

そこで、もし後ろの方で他に席が空いていれば移動しようかなと思い、トイレに席を立ちつつ様子を伺うことにしました。
が、うまいこと空いてない。

とはいえ、このままだとストレス抱えて12時間。
耐えるのは無理だと思い、CAさんに相談しました。(一応英語で)

 

カワジュン
すみません、前の方が席を倒しすぎてて、映画が観られないし、非常にuncomfortableなのです。なので…
CAさん①
なるほど、わかったわ。
では、前の人にこちらから言ってほしい?それとも席を移りたい?
カワジュン
できるなら移りたいです!
あ、でも、隣に人がいるところは、僕が行ったら先にいた人が嫌がるだろうから、もし隣がいない席が空いていればでいいです、申し訳ないし…
CAさん①
わかったわ、確認するから待ってて!

と笑顔で言い残し、前の方に行ってくれました。

 

しばらくして、別の日本人のCAさんが席に来て、

CAさん②
お客様、お待たせいたしました。ご用意できるお席がございましたのでご案内いたします。

とのこと。

 

やった!!!

 

荷物を持って立ち去る僕を不思議そうに見ている隣のカップルを尻目に、前側に進むCAさんについていきます。

CAさん②
こちらのお席でよろしいでしょうか?

と案内されたのは、窓側ブロック3人掛け、しかも3席空いている!

 

カワジュン
え、ここ3席使っていいんですか?
CAさん②
はい、空いておりますのでお使いになられて構いません

 

マジか!!!

最高かよ!!!

 

と一気にテンションMAXです。

 

というか、前側エリアは後方エリアに比べてやけに空いてて、3人掛け独占者多数。
あれ・・・、グランドスタッフのお姉さんの情報と違う・・・

 

まぁいっか!(笑)

 

ひじ掛けを全部上げーの
クッションや毛布を窓際に寄せて背もたれにしーの
足を伸ばしーの
タブレットをテーブルに置きーの

さぁ、優雅なフライトの始まりです!!!

 

映画を観たいだけみて、眠くなったら横になって寝る。

食事が来たら起き、真ん中の席で広々と食事。

食事が終わったら、容器を通路側の席のテーブルに乗せ、また足を伸ばして映画鑑賞。

 

そんな感じで過ごしていたら、12時間もそれほど長く感じませんでした。

スポンサードリンク

ドーハ到着&市内観光ツアー受付

ドーハのハマド空港はとても奇麗で大きいです。

【画像】ドーハ ハマド空港内の写真

中央にある黄色いクマさん。シンボル的存在。

 

そして、カタール航空利用でドーハ経由の場合、条件次第ではプラスアルファのお楽しみがついてきます。
それは、①ホテル利用②ドーハの市内観光ツアー(約3時間)です。

どちらも無料です!

ただし、それぞれ条件があります。

【ホテル利用】

  • 8時間以内に乗り継げる便がないこと
  • ドーハでの乗継時間が8時間以上24時間以内
  • 予約に、クウェート(KWI)、マスカット(MCT)からの発着便が含まれていないこと

※事前予約は72時間前まで

【市内観光ツアー】

  • 空港到着時刻が4:00~19:00
  • 乗継時間が5時間以上12時間以内

※事前予約なし。当日受付のみ。定員になり次第終了

※2018年2月以降、サービス内容が変更になりました。
詳細はこちらの記事をご覧ください。
⇒ドーハでの乗り継ぎ (トランジット) サービスを解説!【2018年最新版】

できれば①のホテル利用をしたかったのですが、カタール航空に電話して確認したところ、僕のケースだと、8時間以内に別のマドリード行きの便があるとのことで、残念ながら利用できず。

とはいえ、乗継に9時間空いてしまうので、なんとしてでも②の市内観光ツアーに参加したい。
でも、事前予約はできないので、定員になる前に受付をしなければいけません。
(※現在は事前予約ができるようになりました)

ということで、到着するなり早歩きで受付カウンターを目指しました。

※なお、11時の回は、乗継便が16:00以降でないと参加できません。僕は15:15だったので、8時の回が埋まってしまうと参加できる回がなくなってしまいます。

【画像】カタール航空 ツアーデスクカウンター

こちらが受付カウンター。

急いだ甲斐もあって6:15くらいに無事申し込みでき、受付票をもらいます。

【画像】無料ドーハ市内観光ツアーの受付票

ドーハ市内観光ツアーの受付票

一旦受付はこれで終了し、7:15にまた集合するように言われます。

その間に一服し、トイレを済ませて再度カウンター前に集合。

 

参加者は全部で40名ちょっと、何人か日本人らしき観光客もいます。

係員が点呼をして各自ツアー参加票を受け取ったら、係員に案内されて外に向かいます。(5分くらい歩きます)
その際に、1人で来ていた他のツアー参加者(日本人男性)のTくんから話しかけられ、仲良くなりました。

外に出るとマイクロバスに乗り込み(満席)、ツアー出発です。

【画像】ドーハ市内観光ツアーのバス

こんなバス。

 

ドーハ市内観光ツアー

車内では水が配られ、ガイドさんがカタールやドーハについていろいろと説明をしてくれます(もちろん英語)。

【画像】ドーハ市内観光ツアーのバス(車内)

走ること30分、最初についたのはヨットハーバー
10分の撮影タイムが与えられるので、皆バスを降りて思い思いに写真を撮ります。

海の向こう側には新市街のビル群が、まるで蜃気楼のように浮かび上がっています。
なんか大気の影響?で、このようにぼやけて見えるみたいです。

【画像】ヨットハーバー

10分後にまたバスに乗り込むと、次は新市街へ。

近くで見るとその大きさに圧倒されますし、日本にはなかなかないフォルムをしているので新鮮です。
オイルマネー感を感じますね。

【画像】ドーハ新市街のビル群

ここでは5分しかもらえないので、サクっと写真を撮ってバスに戻ります。
忙しい。

そして最後はスーク・ワキーフ。市場です。
ここでは45分の自由時間があるので、しばらく散策。

【画像】スーク・ワキーフ 【画像】スーク・ワキーフの細い路地 【画像】スーク・ワキーフ(広場)

イスラム教圏は初めてではないのですが、やはりアラブは雰囲気が全然違って面白いです。歩いているだけで独特の雰囲気がありますね。

なんか騒がしいなーと思ったら、動物を販売している一角があり、鳥や犬など売っています。
鳥のエリアは泣き声が響き渡っています(笑)

【画像】スーク・ワキーフ(鳥かごと鳥たち) 【画像】スーク・ワキーフ(ケージ内の犬をあやす男性)

犬をあやすおじさん。かわいい。
耳にはAppleのAirPods(笑)

【画像】スーク・ワキーフ(亀)

カメもいました。

 

散策に時間を使いすぎたため45分では少し短く、残念ながらお茶したり、ということはできませんでした。

ちなみに、45分で足りない人はもっと長居して、タクシーなど自力で戻るということもできます。その場合はいちいち申告などしないので、逆に言うと集合時間に戻らないと置いていかれちゃいます(笑)

そんなこんなでトータル2時間半のツアーもあっという間に終了。

感想としては、

 

 

めっちゃ良かった!!!

 

スペインに行くついでに、もう1か国無料で気軽に楽しめちゃう、そして、長い乗継時間を有意義に過ごせるという、素晴らしい体験をさせていただきました(^^)

 

カタール航空最高!!!
(ちなみに、カタール航空は機内食も美味しいです♪)

 

でも、本当は他にも立ち寄る場所があったようです。

本来は4箇所で、パール・カタール、カターラ・カルチュラル・ビレッジ、スーク・ワキーフ、イスラム美術館がプランの中に組み込まれているはず。

理由は不明ですが、イスラム美術館については、たまたまこの日は休みなので立ち寄らない、というようなことを言っていました。
ちょっと残念。

 

空港に戻って2本めのフライト待ち

ツアーを終えて空港に戻ったのが11時過ぎ。
次のフライトは15:15なのでまだまだ4時間もあります。

ちなみに仲良くなったTくんはこの後北欧へ旅立つとのことで、そちらは16時のフライト。

 

二人とも空腹だったので、まずは空港内のフードコートへ。
いろいろ選択肢はありましたが、一番安く抑えられそうで安定感のあるバーガーキングで腹ごしらえ。

そのままそこで過ごすこともできましたが、電源プラグやUSBがある空港内ベンチへ移動し、時間までお互いのこれまでの海外話に花を咲かせました。

Tくんとは共通点が多く、①今回が初めてのヨーロッパ旅行、②アジア大好き、③いい年して独身(笑)。

旅行話で一通り盛り上がっていましたが、いつの間にか「結婚できない男」の先輩(僕)から後輩へのアドバイスコーナーになっていました(笑)

 

そんなこんなであっという間に時間が迫り、先に僕はゲートに向かうべくTくんに別れを告げました。

行く前は「乗継の9時間、どう過ごそうか」と不安に思っていましたが、ツアーに参加したりTくんと知り合ったことで、9時間が短く感じられた上に楽しく過ごすことができました♪

カタール航空とTくんとの出会いに感謝(^^)

※ちなみに、Tくんとは割と家が近かったので、帰国後に飲みに行きました♫

スポンサードリンク

ドーハからマドリードへ

こうして、ドーハのハマド空港での楽しい時間は過ぎ、ふたたび長いフライトの始まりです。
今度は少し短いけど、それでも7時間。

席はどうかなー、隣空いてるといいなー、と思いながら乗り込みました。

 

普通に満席。

 

また中央ブロック3人掛けの通路側でしたが、見渡す限り満席。

そして、隣の席(中央ブロックの真ん中の席)の女性と、斜め前の列の真ん中席の男性がカップルのようで、女性の方からその男性と席を替わってくれないか聞かれました。

二人ともいい人そうでしたし、代わってあげたかったのですが、僕はトイレが近いんです
通路側じゃないと落ち着かないんです

なので、心苦しくなりながらもお断りをしました。

替わってあげられなくてごめんなさい。。。

このカップル、きっと多分時間ギリギリにチェックインしたんでしょうね。
だからバラバラの席で、しかも真ん中。
替わってあげたかったな。

 

そんなこんなで満席の機内でしたが、前の人も席を過剰に倒してくることもなかったので、比較的快適に過ごすことができました。

さすがに12時間のフライトのあとだと8時間はだいぶ短く感じました(笑)

 

ということで、長かった日本からの移動もいよいよ終了。
日本を12/20の23:50に出発して、到着が12/21の21:00。

ほぼ丸1日がかりです。

本当に疲れました!!!

スポンサードリンク

マドリード到着、ホスタルに深夜のチェックイン

マドリードのバラハス空港に着いて荷物も無事受け取ると、すでに時間は22時。

そして、外はまあまあ寒い。体感的には日本とそれほど変わらないです。

 

その後、市内行きバスの乗り場を探して迷うこと10分、やっと見つけて一息つきます。
バスは頻繁に出ているので、10分ほど待って無事乗れました。

市内までは5€で40分くらい。乗り込むときに運転手に払います。事前に券売機で買うこともできるようですが、僕はバスで直接払いました。

乗った停留所はターミナル4でバスは始発だったため、他のターミナルで少し客を拾ってから市内へ。

終点のアトーチャ駅まで行ってからタクシーでホスタルに行く予定だったので、いったん乗ってしまえばバスは楽です。安くて助かるし。

 

そして、アトーチャ駅に着くとすぐ前がタクシー乗り場なので、タクシーを拾ってソル駅まで向かってもらいます。

ソル駅までは10.2€。空港からの場合はチャージがかかるので少し高くなるようです。

地下鉄の方が安く済むんですけど、時間が遅いから地下鉄はちょっと怖いし、重いスーツケースを持っているので、多少高くてもタクシーを利用しました。初日はわりとびびりがち

予約をしておいたホスタルはプエルタ・デル・ソル(ソル駅の上の広場)から徒歩3分くらいなので、駅からは歩きます。

すでに23時でしたが、ホリデーシーズンということもあり、プエルタ・デル・ソルは人でごった返してます。
イルミネーションツリーなどもあり、記念撮影している人もたくさんいます。

せっかくなので少し写真を撮ってから、ホスタル(ゲストハウス)にチェックイン。

 

ホスタルはHostal A Nuestra Senora de la Paloma

事前にレイトチェックインになることを知らせてあったので、スタッフが待っててくれました。

部屋に案内されると、

うーん、イメージより狭い(^^;

【画像】ゲストハウス室内① 【画像】ゲストハウス室内②

狭さ、伝わります???

ベッド、小さい棚、壁掛けの小さなテレビ。

以上
写真の両側はすぐ壁です。

スーツケースを広げるスペースもないため、ベッドの上で広げることになります。

最低限休む部屋という感じです。

とはいえ、2泊で57€(1泊3800円くらい)なので妥当でしょう。
ベッドは割と快適で、僕には十分でした。

また、バスルーム(シャワー+トイレ)は部屋を出てすぐ隣だったので、トイレが近い僕には助かるポイント。

 

長旅で疲れていたので、シャワーを浴びてスッキリし、荷物を整理してからベッドに入りました。
その時すでに1時くらいでしたね。

とにかく、とりあえず無事着くことができて、「やっとちゃんと休める!」と安心し、快適に休むことができました。

さて、次回はいよいよマドリード観光(早速トラブル発生!笑)編です!

 

つづく
⇒スペイン旅行記 2017 ③ ~2日目:マドリード編~

海外旅行の計画を立てるのが苦手な方へ

海外旅行ツアーを探していて・・・

  • なかなか希望する日程が空いてなくて、希望する海外ツアーをあきらめたことはありませんか?
  • 観光名所で行きたいところが全部含まれておらず、自分の希望と合うツアーを探すのに苦労していませんか?
  • 複数の旅行会社へ1社1社問い合わせるのを面倒に感じていませんか?

 

そんなとき、無料で簡単に一括で複数の旅行会社へ問い合わせが出来る「タウンライフ旅さがしというサイトがあります。

このサイトを通じて、同じ条件で各旅行会社に一括で見積依頼ができ、各地域の専門旅行会社が最適な旅行プランを作ってもらうことができます。

見積・プランの提案依頼は無料です。

 

もちろん、旅行会社の店舗に行かずに、電話やメールで詳細な相談・打ち合わせが可能です。

こういうサイトを利用すれば、いろんな旅行会社に何度も問い合わせしたりしなくて済みますし、ツアー代金についても比較して最安値のツアーを見つけることができます。

 

「旅行は大好きだけど、計画を立てるのは苦手・・・」という方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

【海外旅行見積もり・プランの一括問い合わせサイトはこちら】
タウンライフ旅さがし

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です