マドリード観光のおすすめスポット9選!【行き方・料金・所要時間】

【アイキャッチ画像】マドリード観光おすすめ

スポンサードリンク



旅好きの元英会話カウンセラー、カワジュン(‎@kawayoshijun)です。

マドリード(マドリッド)は、スペインの首都でイベリア半島のほぼ中央に位置します。
市内にはとても多くの美術館や博物館があり、文化的な観光都市でもあります。

今回は、2017年末に実際に行ってみた感想を踏まえ、マドリードのおすすめ観光スポット行き方料金所要時間を解説します。

ぜひマドリードへ行く際には参考にしてみてください。

※実際の旅行記はこちら
⇒「スペイン旅行記 2017 ③ ~2日目:マドリード編~」

⇒「スペイン旅行記 2017 ⑥ ~4日目:トレド~バルセロナ編~」(ティッセン=ボルネミッサ美術館はこちらの記事)

スポンサードリンク

 

<おすすめ度◎>

プラド美術館

 

【画像】マドリード プラド美術館 外観

【行き方】
地下鉄L1 アトーチャ駅またはL2バンコ・デ・エスパーニャ駅から徒歩8分

【入館料金】
€15、カードOK  ※18:00以降は無料

【営業時間】
月−土10:00〜20:00、日祝10:00〜19:00

【所要時間目安】
2時間半〜3時間半

ポイント!
  • 世界屈指の美術館、展示品は3万点以上
  • ベラスケス、エル・グレコ、ゴヤ、ルーベンス、ボッシュなど
  • 館内は写真撮影不可

マドリードに来たら、なんとか時間を作ってでもプラド美術館には行ってほしいです。
なんといってもその規模や展示品の内容など、世界でも指折りの美術館です。

美術にあまり興味がない方でも、美術品がもつエネルギーや美しさを感じることができるでしょう。

館内はかなり広いので、ささっと回っても1時間半はかかります。
ゆっくり見る方なら4時間くらいみてもいいかもしれません。

18時以降は入館無料になりますが、1時間くらい前から並び始めて長い行列になります。
少しでも落ち着いて見たい方は無料にこだわらず、午前中などの早い時間に行くといいでしょう。

残念ながら館内での撮影は不可となっています。

 

ティッセン=ボルネミッサ美術館

【画像】マドリード ティッセン=ボルネミッサ美術館 外観

 

【行き方】
L2バンコ・デ・エスパーニャ駅から徒歩5分、L1アトーチャ駅から徒歩10分

【入館料金】
€12、カードOK

【営業時間】
月−土10:00〜19:00、日祝10:30〜18:30

【所要時間目安】
2時間〜3時間

ポイント!
  • ティッセン=ボルネミッサ男爵親子2代に渡って収集された、世界屈指の個人コレクション
  • ピカソ、ミロ、ダリなどのモダンアート、モネ、ルノワール、ドガ、ゴッホなどの印象派
  • 館内は写真撮影OK

プラド美術館に次いで、このマドリードで大きな美術館です。
このティッセン=ボルネミッサ美術館も、マドリードに来たらぜひ立ち寄ってほしい場所の一つです。

ピカソをはじめ、ダリやモネ、ゴッホといった、あまり芸術に詳しくない方でも聞いたことのある芸術家の作品を見ることができます。

プラド美術館ほどでないにしろ、ティッセン=ボルネミッサ美術館もかなり広く、じっくり見ると2〜3時間はかかります。
それだけ作品数も多く、とても個人のコレクションとは思えない規模感です。

残念ながら無料で入場できる時間帯はありません

プラド美術館と違い、館内での撮影はOKです。(フラッシュは禁止)

 

プエルタ・デル・ソル

【画像】マドリード プエルタ・デル・ソル 「熊とイチゴの木」像 【画像】マドリード プエルタ・デル・ソル 「カルロス3世」像

【行き方】
ソル駅を地上に出てすぐ

【入場料金】
€0

【所要時間目安】
10〜15分

ポイント!
  • 観光の拠点になるため、立ち寄りやすい
  • マドリードのシンボル熊とイチゴの木の像「カルロス3世騎馬像」が見どころ
  • プエルタ・デル・ソルとは「太陽の門」という意味だが、実際に門があるわけではない
  • 大道芸人がたくさんいて、多くの人で賑わう

プエルタ・デル・ソルはマドリードの中心に位置するシンボル的な場所です。
特になにがあるというわけではないのですが、有名なスポットなのでおさえておくべきでしょう。

ソル駅の真上に位置し、マドリード観光の拠点になるような場所です。
そのため、意識しなくても観光地巡りをしているときに通過する、ということがよくあります。

したがって、ここを目的に行くというよりは、他の観光施設を回っている途中で立ち寄るような感じでいいでしょう。

 

マヨール広場

 

【画像】マドリード マヨール広場②

【行き方】
ソル駅から徒歩5分

【入場料金】
€0

【所要時間目安】
10〜30分

ポイント!
  • 「フェリペ3世の騎馬像」が見どころ
  • レストランやカフェに囲まれ、広場には露店が数多く並び、活気がある

マヨール広場も、特になにがあるというわけではないですが、一度足を運んでおくといいと思います。

スペインには他の地域にも「広場」というところがありますが、ここはその中でも大きく、いろいろな催しが行われる場所です。

プエルタ・デル・ソルに並んで、とても活気があって、露店を眺めて歩くだけでも楽しいです。

ちなみに、映画『バンテージ・ポイント』の舞台となった場所でもあります。

 

サン・ミゲル市場

【画像】マドリード サン・ミゲル市場 外観

【行き方】
ソル駅から徒歩5分、マヨール広場のすぐそば

【入場料金】
€0

【営業時間】
10:00〜24:00、木〜土は〜翌2:00

【所要時間目安】
食事次第。見るだけなら15分

ポイント!
  • マドリードを代表する市場
  • マドリードのみの滞在なら行くべき
  • 観光地化されているので、時間帯によっては人が多く、価格設定も高め
  • バルセロナにも行くのであれば、バルセロナの市場のほうが規模が大きくておすすめ

マドリードで市場に行くなら、このサン・ミゲル市場がおすすめです。

ソル駅やマヨール広場からも近く、歴史もある市場です。

ただし、そこまで大きいわけではないです。
バルセロナにも行かれる方であれば、バルセロナにある市場のほうが大きくて見ごたえがあるのでおすすめです。

とはいえ、市場の雰囲気はしっかりありますし、ワインやタパスなどもその場で味わえるので、食べ歩き・飲み歩きをするには十分楽しめるでしょう。

 

王宮/アルムデナ大聖堂

【画像】マドリード 王宮外観 【画像】マドリード 王宮 大階段の天井画

 

【行き方】
オペラ駅から徒歩5分(ソル駅からでも15分程度)

【入場料金】
€11 ※アルムデナ大聖堂は無料

【営業時間】
4〜9月は10:00〜20:00、10〜3月は10:00〜18:00

【所要時間目安】
1時間

ポイント!
  • 1734年に消失した宮殿跡に、フェリペ5世によって新たに建てられた王宮
  • 多くの部屋があるが、その中でも大階段の天井画玉座の間は必見

やはりマドリードに来たら、この王宮も欠かせない観光スポットです。

王宮内の部屋数も多いですが、その造りや装飾品の数々などにも圧倒されます。
特に、「大階段の天井画」と「玉座の間」は素晴らしいの一言。

アルムデナ大聖堂の方は特にこれという見どころはありませんが、王宮のすぐ向かいなので、せっかくなので王宮と併せて行くといいでしょう。

スポンサードリンク

 

<おすすめ度○>

ソフィア王妃芸術センター

【画像】マドリード ソフィア王妃芸術センター 外観
『ゲルニカ』パブロ・ピカソ

『ゲルニカ』パブロ・ピカソ    出典:ソフィア王妃芸術センター

【行き方】
地下鉄L1アトーチャ駅から徒歩1分

【入館料金】
€10、カードOK(ネット事前予約で€8)

【営業時間】
水〜月10:00〜21:00、火曜定休、月・水〜土の19:00以降と日の13:30以降は無料

【所要時間目安】
1時間半〜2時間

ポイント!
  • 館内は一部のエリアを除き写真撮影OK『ゲルニカ』のあるエリアは不可
  • なんといってもピカソの『ゲルニカは必見

ここソフィア王妃芸術センターには、あの有名なピカソの『ゲルニカ』が展示されています。

それを見るだけでもここに来る価値はあるでしょう。
(実際に、僕も『ゲルニカ』を見るためだけにきました)

規模感などでは上記2つの美術館には及びませんが、とはいっても十分な展示品の数があるので、じっくり見ようと思えば2〜3時間くらいかかるでしょう。

 

スペイン広場

【画像】マドリード スペイン広場 「ドン・キホーテとサンチョ・パンサの像」

【行き方】
地下鉄L3/10プラサ・デ・エスパーニャ駅を出てすぐ

【入場料金】
€0

【所要時間目安】
10〜15分

ポイント!
  • 「ドン・キホーテとサンチョ・パンサの像」が見どころ

このスペイン広場はマドリードを代表する公園の一つです。

僕が行ったときには露店も多く出ていて賑わっていました。

周囲にもたくさんのお店が立ち並んでおり、街の散策がてら立ち寄ってみるといいと思います。

 

サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

【画像】マドリード サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

 

【行き方】
10号線サンティアゴ・ベルナベウ駅から徒歩1分

【入場料金】
€25(スタジアムツアー)、オーディオガイド付きで€30

【営業時間】
月−土10:00〜19:00、日祝10:30〜18:30

【所要時間目安】
1時間半

ポイント!
  • スペイン1部リーグのレアル・マドリードの本拠地
  • スタジアム内部やミュージアムが見学できる

このサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムは、あの有名なスペイン1部リーグを代表するスターチーム、レアル・マドリードの本拠地のスタジアムです。

試合がない日はツアーというかたちで内部を見学できます。
普通では絶対に見ることのできないロッカールーム、シャワールーム、プレスルームやベンチなど、選手の気分になって楽しめることでしょう。

サッカーファンはもちろんのこと、ファンではなくてもそのスタジアムの雰囲気を味わえば、一気に興奮すること間違いなし。

 

まとめ:普段は行かない人でも、マドリードでは美術館巡りがおすすめ

いかがでしたか?

行きたい場所は見つかりましたでしょうか。

 

個人的に、プラド美術館ティッセン=ボルネミッサ美術館は、時間が許すならぜひ行っていただきたいところです。

僕のような美術に詳しくない人が行っても十分楽しめましたし、行ったことによって芸術に対しての興味がわきました。
もちろん、ソフィア王妃芸術センター『ゲルニカ』も圧巻なのでおすすめです。

マドリードは治安が悪いと聞いていましたが、きちんと自衛をしていれば、基本的には問題ないと思います。

観光地めぐりもいいですが、街の雰囲気がとてもいいので、ゆっくり散策をしてみるのもいいですよ。

 

海外旅行の計画を立てるのが苦手な方へ

海外旅行ツアーを探していて・・・

  • なかなか希望する日程が空いてなくて、希望する海外ツアーをあきらめたことはありませんか?
  • 観光名所で行きたいところが全部含まれておらず、自分の希望と合うツアーを探すのに苦労していませんか?
  • 複数の旅行会社へ1社1社問い合わせるのを面倒に感じていませんか?

 

そんなとき、無料で簡単に一括で複数の旅行会社へ問い合わせが出来る「タウンライフ旅さがしというサイトがあります。

このサイトを通じて、同じ条件で各旅行会社に一括で見積依頼ができ、各地域の専門旅行会社が最適な旅行プランを作ってもらうことができます。

見積・プランの提案依頼は無料です。

 

もちろん、旅行会社の店舗に行かずに、電話やメールで詳細な相談・打ち合わせが可能です。

こういうサイトを利用すれば、いろんな旅行会社に何度も問い合わせしたりしなくて済みますし、ツアー代金についても比較して最安値のツアーを見つけることができます。

 

「旅行は大好きだけど、計画を立てるのは苦手・・・」という方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

【海外旅行見積もり・プランの一括問い合わせサイトはこちら】
タウンライフ旅さがし

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です