第一印象は5秒で決まる。絶対に知っておくべきメラビアンの法則

【画像】第一印象は5秒で決まる

スポンサードリンク



 

カワジュン(@kawayoshijun)です。

 

今回はコミュニケーションのお話です。

有名ですが、「メラビアンの法則」について解説します。

 

この法則は、ビジネスシーンではもちろん、日常生活、英語でのコミュニケーションにおいても有効です。

  • 恋愛で異性にもっとよく思われたい
  • 営業先にいい印象を与えたい
  • 就職活動の面接で少しでも印象を良くしたい

そんな方はぜひ読んでみてくださいね。

 

スポンサードリンク

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによって提唱された法則です。

それによると、人間が他者の印象を決定する際に重要視するものは、

  • 視覚情報(Visual)・・・55%
  • 聴覚情報(Voice)・・・38%
  • 言語情報(Verval)・・・7%

だそうです。

それぞれの頭文字の3つのVをとって、「3Vの法則」とも呼ばれます。

 

視覚情報とは、見た目や身だしなみ、表情などの、目に見える情報を指します。

聴覚情報とは、声の質、大きさ、速さ(テンポ)、間などの、話し方の部分ですね。

言語情報とは、話す内容、言葉それ自体の情報です。

 

そして、言語情報=「バーバルコミュニケーション」に対し、視覚情報と聴覚情報を合わせて「非言語コミュニケーション」=「ノンバーバル・コミュニケーション」と呼ばれます。

 

この結果から伺えることは、非言語のコミュニケーションが、人物の印象90%以上を決定づけている、というわけなんです。
(ちなみに、有名な本『人は見た目が9割』(竹内 一郎著)のタイトルはここからきています。)

 

 

ただ、これには諸説あって、「本来の実験の意味とは違う、拡大解釈している」という意見もあります。

それを踏まえた上で言いますが、経験から言って、ある程度は理にかなっていると感じます。

 

非言語コミュニケーションの持つ力

 

 

例えば、この2枚の絵を比べて、どちらの方から商品を買いたいと思いますか?

 

当然、Aの方ですよね。

もちろん、話を聞いていくうちに、Bの方のほうが知識も豊富で提案内容も素晴らしいとわかれば、Bの方に惹かれるかもしれません。

でも、少なくとも第一印象においては、ほとんどの方がAの方を選ぶのではないでしょうか。

 

この例はちょっと極端でしたが、「好感が持てるタイプ」や「苦手なタイプ」という方の印象を思い浮かべてみると、視覚情報や聴覚情報などの非言語コミュニケーションによるものが多いんです。

 

男女関係でも同じです。

初めて会う人に対して、第一印象で「恋愛対象か恋愛対象外か」をある程度振り分けてないですか?

 

容姿の話ではありませんよ。

身だしなみ、服装のセンス、髪型、話し方、声の高さ、などです。

 

いくら容姿が良くても、清潔感がなかったり、爪が汚かったり、靴がぼろぼろだったり、ボソボソとしか話せないような人だったら、あまりいい印象は受けませんよね。

 

相手から見てどう映るかを考えていないと、いくらいい商品・サービス勧めていたり、とても素敵な人柄だったりしても、実は印象の部分で損をしてしまっているかもしれません。

仕事でもプライベートでも就活でも、それってすごくもったいないですよね。

 

非言語コミュニケーションで気をつけるポイント

では、どんな点に気をつければいいでしょうか?

 

印象につながる主なポイントを挙げますので、ご自身を振り返ってみてください。

 

視覚情報のポイント
  • 服装
  • 髪型
  • 肌・髭(男性)・化粧(女性)
  • 腕時計
  • かばん
  • その他持ち物
  • 姿勢、歩き方
  • 体型
  • 目線
  • 表情
  • 手の位置
  • ジェスチャー
  • 動きの癖
聴覚情報のポイント
  • 話すスピード
  • 声のキー(高さ)
  • 声の大きさ
  • 笑い方
  • 語尾(最後まで言い切っているか)
  • 人の話を遮っていないか
  • 「えー」「あのー」などの口癖
  • 間の作り方
  • リアクションのとり方

どうですか?

このあたりって気になったことありませんか?

「あー!わかるわかるー!」とかないですか?笑

 

逆に言えば、相手はあなたのそんなところを気にしているかもしれない、ということです。

 

なお、視覚や聴覚ではありませんが、嗅覚情報(におい・香り)も非言語コミュニケーションです。

「くさい」「香水の香りが強い(適度であればプラスになりもします)」はマイナスの印象を与えてしまいます。

 

スポンサードリンク

まとめ

僕はこれまでの接客や営業の経験の中で、今回の「印象」の部分には非常に気をつかってきました。

また、この部分への意識が低い部下の指導もしてきました。

 

非言語コミュニケーション(力)は、
努力で変えることのできるスキル
です。

 

生まれながらの容姿などは関係ありません

 

ここに気をつけるだけで、相手にとっていい印象を与えることができ、話を聞いてもらえたり、信用してもらったりするハードルがぐっと下がります

 

もしあなたが、仕事や恋愛、就活などでうまくいってないと感じたら、一度この部分を見直してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です